FX・ネット株式投資入門・口座開設方法・キャンペーンの紹介や初心者向けのFXの始め方・他の投資との違いを比較

HOME > FXってどんな投資? > FXの魅力を際立たせる「証拠金」と「レバレッジ」

FXの魅力を際立たせる「証拠金」と「レバレッジ」

FXの魅力を際立たせているのは、「証拠金」と「レバレッジ」という2つの仕組みだと言い切ってしまっても、決して過言ではありません。

「証拠金」と「レバレッジ」

証拠金

証拠金とは、FXを始める前にFXの口座に預け入れるお金のことです。このお金を元手にして、あなたはFXを始めることができます。

レバレッジ

そしてレバレッジとは、預け入れた元手となるお金の何倍の取引を行っているかを示しています。

証拠金とレバレッジの2つを用いると、少ない金額で驚くほど大きな取引を行うことが可能になります。

「証拠金」と「レバレッジ」の例

例えば10万円を口座に預け入れたとすると、100万円分の外貨を買うことができます。購入することのできる外貨は、外貨の種類により異なりますが、米ドル・ユーロなどの主要通貨も問題なく購入できます。
この時あなたは10万円しか使っていないのに、100万円分の取引を行っていることになります。払い込んだお金の10倍の取引を行っているわけですね。そして100万円分の外貨が為替レートの変動で120万円になったとすると、20万円分の利益がそのままあなたのものになります。

10万円を使って20万円を稼ぐことができるのですから、こんな効率のいい投資方法は他にあるでしょうか。銀行に預けておいても1年間で数円の利息しかつかないことが、馬鹿らしく思えてしまうのも無理ありません......。
ちなみに、この時口座に入金した10万円が証拠金、10倍の倍率がレバレッジにあたります。