FX・ネット株式投資入門・口座開設方法・キャンペーンの紹介や初心者向けのFXの始め方・他の投資との違いを比較

HOME > くりっく365・大証FX > くりっく365と大証FXのメリット3(3年間損失繰越控除ができる)

くりっく365と大証FXのメリット3(3年間損失繰越控除ができる)

3年間の損失繰越控除

くりっく365と大証FXで認められている税制上の優遇の3つめは、3年間の損失繰越控除が認められている点です。

わかりやすく一言で言えば、「前の年にマイナスになっちゃった分は税金払わなくていいですよ」という優遇制度です。

損失繰越控除とは

損失繰越控除とはその名の通り、FX取引で損失が出てしまった場合にその損失を3年に渡って繰り越し、納める税金の額を大幅に少なくできるというメリットのことです。

FX取引を行っていると、期せずして多額の損失を出してしまうこともあります。くりっく365や大証FXの場合、少額の損失であればその年の別の取引で得た利益と相殺することができますが、相殺しきれないほど損失が大きかった場合に、このメリットが利用できます。

損失繰越控除の例

損失が出た年は当然FXで得た利益はありませんから、その年のFX取引にかかる税金はありません。問題は翌年と翌々年にFX取引得た利益がある場合、その年の利益と相殺しきれず残った損失の額とを再び相殺し、もし利益の額が損失の額を上回れば、その上回った金額に対してのみ所得税が課税されます。もし相殺してもなお損失の額の方が大きかった場合、その年の取引にかかる税金の額はゼロになります。

この損失繰越控除を行うと、損失の出た翌年と翌々年の2年間は、FX取引で利益が出ているにも関わらず税金を支払わなくて良いということになります。くりっく365と大証FXの利益に対する税率は20%ですから、通常であれば儲けた額の80%しか実際に使えるお金にはならないのですが、この損失繰越控除を利用すれば、儲けたお金が全額自分の懐に入ってきます。損失が出た時だからこそ有難い優遇だと言えるでしょう。