FX・ネット株式投資入門・口座開設方法・キャンペーンの紹介や初心者向けのFXの始め方・他の投資との違いを比較

HOME > くりっく365・大証FX > くりっく365と大証FXのメリット1(税金が申告分離課税一律20%)

くりっく365と大証FXのメリット1(税金が申告分離課税一律20%)

くりっく365・大証FXの税制上の優遇

FXを取引する際に、くりっく365や大証FXを利用する一番のメリットは、何といっても税制上の優遇を受けられる点です。

税制は法律で定められていることもあり、民間の証券会社が投資家や証券会社に有利なように勝手に変更することはできません。ですがくりっく365と大証FXは取引所で行われる取引であるため、他の証券会社では受けることのできない税制上の優遇が特別に認められています。

申告分離課税(一律20%)

くりっく365と大証FXで受けることのできる税制上の優遇の1つめは、FX投資での利益に対しての税金は「申告分離課税一律20%」が適用される点です。

わかりやすく一言で言えば、「いくら儲かっても税金は20%でいいですよ」という優遇制度です。

FX以外に会社員やアルバイトとしての給与がある方も多いと思いますが、通常、所得税は会社員としての給与とFXで得た利益の両方を足し、その合計額に対してかかります。(これを総合課税と言います)

所得税は給与や投資収益が多ければ多いほど税率が高くなるため、儲けた人ほど多額の税金を取られ、手元に残る割合は少なくなります。

FXで200万円設けても・・・

例えば給与での所得が1000万円、FXの利益が200万円だとすると、合計した所得金額は1200万円になるので、43%の税率が適用され、86万円を所得税として差し引かれてしまいます。
せっかくFXで200万円も儲けたのに、税金でかなり持っていかれてしまいますね。

くりっく365・大証FXの場合

これに対し、くりっく365と大証FXの申告分離課税を適用した場合、FX取引で得た利益は給与など他の所得から切り離され、それぞれに対して個別に税金がかかります。

くりっく365・大証FXでのFX取引で得た利益が200万円の場合、他の所得がいくらあっても適用される税率は一律20%。差し引かれる所得税の額は40万円(200万円×20%)です。給与所得1000万円には43%の高い税率が適用されますが、FXの利益に対しては20%で済みます。上記の例の半分以下の税金で済む計算です。

一見、くりっく365や大証FXのほうが有利に見えますね。

主婦や学生の場合は

くりっく365や大証FXが有利なのは、FXの利益が大きい場合と、FX以外の所得(給料など)が多い場合です。主婦や学生の場合はFX以外の所得があまりない方も多いでしょう。

その場合は、通常のFXでもくりっく365や大証FXでも同じになります。給与などの所得が195万円以下の場合は、税率は15%なので、くりっく365や大証FXのほうが利益に対してかかる税率が少し高くなります。

税金が得なほうを選びたい場合は、自分の所得がどのくらいなのかを参考にしてみて下さい。

参考:国税庁 所得税の税率
※上記税率+住民税10%が合計税率です